スキップして内容へ
HomeFAQ

FAQ

「大阪市オープンデータ」とは何ですか?

大阪市が保有する公共データの二次利用について明示し、提供(公開/オープン化)するポータルサイトです。

「大阪市オープンデータ」は誰でも利用できますか?

どなたでもご利用いただけます。

「大阪市オープンデータ」を利用するためにお金はかかりますか?

データの利用は無料です。

データはいつ更新されますか?

原則として、毎月1回、定期的に更新します。データが更新されると、トップページの「新着データ」に表示されます。

著作権の取扱いはどのようになっていますか?

本サイトにてオープン化されているデータセットに関する知的財産権等の権利は、各データセットの詳細ページに記載されているクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(以下「CCライセンス」という。)のライセンス条件の範囲内で利用することが可能です。本サイトのデータセットのライセンスは、原則、「表示4.0国際(CC-BY)」としています(データセットによっては、別のライセンス条件としている場合があります)。【参考】表示4.0国際(CC-BY)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)とは何ですか?

CCライセンスは、国際的な非営利組織であるクリエイティブ・コモンズが提供しているライセンス規格・表示方法であり、作品を公開する作者(著作権者)が利用者に対して自分の著作物を自由に使ってよい条件・範囲を分かりやすく意思表示するためのツールです。
【参考】クリエイティブ・コモンズ・ジャパンホームページ

CCライセンスは、オープンデータの取組を行っている海外の国々をはじめ、政府の「DATA.GO.JP」や経済産業省の「Open DATA METI」でも採用されており、現在、世界で最も主流なオープンデータのライセンス形態となっています。

「大阪市オープンデータ」に掲載されているデータと同じデータが大阪市ホームページにも掲載されている場合、利用規約の解釈はどうすればいいですか?

同一のデータセットが、大阪市ホームページにも公開されている場合において、当該サイトの利用規約(法令に定める利用条件とは別に、当該サイトにおいて独自に設けられた利用条件をいいます。)と本サイトの利用規約が異なるときは、利用者が本サイトを利用するときに限り、本サイトの利用規約が優先します。

「大阪市オープンデータ」を利用した結果、損害等が生じた場合は、大阪市が保障してくれますか?

利用者によるサービスの利用、サービスへの接続、利用者の本規約違反もしくは利用者による第三者の権利侵害に起因又は関連して生じた全ての苦情や請求については、利用者自身の費用と責任で解決するものとし、本市は一切責任を負いません。あらかじめご了承ください。

データの内容を保証しないとはどういう意味ですか?

公開しているデータについては、正確性等に万全を期しているものですが、万一、正確性等に欠けるものがあった場合に、それにより利用者に損害が生じたとしても、本市はその損害につき責任を負わないという趣旨です。

二次利用とはどのような利用の仕方を言うのですか?

データを複製、加工、公衆送信、貸与、頒布、転載等により利用することをいいます。

「大阪市オープンデータ」に関する問い合わせは、どこにすればよいですか?

ICT戦略室企画担当までお願いいたします。お問い合わせページ
なお、本サイトに対するご意見、本サイトに掲載されているデータセットに対してのご意見や、掲載してほしいデータセット等のご要望については、専用のアンケートフォームにて受付けしております。

利用規約等に違反するような行為を発見した場合は、どうすればよいですか?

上記問い合わせ先までご連絡ください。